物件詳細情報
sale  

カナバカリの妙 (他湘南エリア)

所在地 南足柄市塚原
価格 3880万円
面積 131.28 平米
最寄り駅 大雄山線「塚原」駅徒歩30分


樹齢100年を越す大木の隣に、無垢材に包まれた家がありました。

南足柄の林間住宅地「グリーンヒル」の一角。眺めの良い高台に建つ家からは小田原の市街地と相模湾が遠望できます。

外観は比較的コンパクトで、平屋建てにロフトのある家といった印象ですが、実際は斜面に沿って奥の深い建物なのです。

建物は3層で、道路レベルが2層目。リビングとダイニング、キッチンそして独立した部屋という構成で、間仕切りの少ない吹き抜けた開放的で光の美しい空間です。

窓からは、植栽された緑や遠くの空が上手に取り込まれ、柔らかい光が優しい陰影を室内の壁や床に生み出します。そして、踏み板の間や横に張られたスノコ状の板の隙間を通る光や流れる空気がなんとも気持ちが良く、思わず深呼吸をしたくなりました。

上層階は、将来的な間仕切りを想定した部屋が一つ。下層階は、バスルームと洋室とクローゼット。建物最先端に配置された浴槽からの下界を見下ろす眺望は熱海や箱根の露天風呂に比肩するのではないかと思ってしまいました。

話しは変わりますが、「設計者の力量は細部の納まりに現れる」と当社の一級建築士Tから教わりました。Tはその昔、この家の設計者の下で様々な薫陶を受けていたそうです。特に、矩計図(かなばかり)に描かれた精密な納まりと現場に妥協なく実現させる執念には驚いたと言います。

「神は細部に宿る」と、超有名な近代建築家が残した言葉があります。この建物内をくまなく細かく見たわけではありませんが、美しい木工事や仕上げを支える詳細な図面が何枚も何枚も検討されたであろうことは想像できました。矩計図を徹底的に描く設計者を選んだ施主や施工者はきっと幸せなのだろうと思います。

物件の立地は、毎日の都心通勤が楽な場所ではありません。一方で、林間住宅地内にあることで山を感じながらも人里離れて寂しすぎるというほどでもありません。ある意味、適度な場所と言えるかもしれません。
もちろん車は必須です。
(f)




[拡大画像]
片流れ屋根が交差する建物。外壁の米杉は経年で銀色に向かっている
片流れ屋根が交差する建物。外壁の米杉は経年で銀色に向かっている

3層目から見下ろすリビング。流れる板張りの天井と梁、無垢の床板が美しい木に包まれる室内
3層目から見下ろすリビング。流れる板張りの天井と梁、無垢の床板が美しい木に包まれる室内

左上:吹き抜けのリビング、ハイサイドからの光がいい 右上:蹴上のない階段、納まりが美しい 左下:玄関からキッチンに向かう裏動線 右下:大木とデッキに接続する部屋
左上:吹き抜けのリビング、ハイサイドからの光がいい 右上:蹴上のない階段、納まりが美しい 左下:玄関からキッチンに向かう裏動線 右下:大木とデッキに接続する部屋

左上:ダイニング先のバルコニー眺望 右上:キッチン 左下:リビングから3層目を望む 右下:リビングと繋がるデッキ
左上:ダイニング先のバルコニー眺望 右上:キッチン 左下:リビングから3層目を望む 右下:リビングと繋がるデッキ

建築構造 木造2階建 築年 平成25年1月 所在階/建物階数
都市計画 市街化調整区域 土地権利 所有権 取引様態 媒介
用途地域 指定なし 建ぺい率/容積率 30%/50% 土地面積 505.65平米
情報登録日 2017.07.10 管理費/修繕積立金
設備

上下水道、プロパンガス、東京電力

備考 南足柄森林住宅建築協定、買い替え特約付き、居住中
※上記において、図面および面積表示が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。
この物件へのお問い合せ
(お名前、メールアドレス、お問い合わせ内容は必ず入力してください。)
お名前
メールアドレス ※メールアドレスに誤りがないかご確認ください
お問い合わせ内容

お探しの物件条件を教えて下さい。

特徴
   
入居時期
値段
賃貸の場合
売買の場合
エリア
ご入力いただいた情報は暗号化技術であるSSL(Secure Socket Layer) により当サイトのサーバーまで安全に送信されます。